古民家の古材

Pocket

657ed9e8337af99c88fec4e03ae40791_s

古材を買取させていただくきっかけは古民家です。
築100年前後の旧家です。
何代にも渡って大切に使われてきた古材がたくさん眠っているお家です。
相続や引越し、または古民家が傾いて来たり朽ちてきたりしてやむなく
解体される時がきます。
オーナーさんからしたら何代も続いたお家、更には自分自身が小さな頃から
暮らしてきたお家が壊されるというのは本当にお辛いことなのです。
私達は2005年からこの古材の事業を始めましたが、そっれは単に
お仕事と割り切ることは出来ず、心を込めて古民家の持ち主であるオーナーさんから私達を通じて廃材にせず古材として次のオーナーさんへ繋ぐ大切な担いを
頂いていると思っています。
「もったいない」この言葉は昔、ばあさんが生前口癖でした。
まだまだ使える木材を簡単に廃棄するのではなく、その使い道を考え、
古材をしっかりと京都から全国へ流通させることが事業開始当初の目標でした。
お陰さまで今では東京を始め全国の皆さまにこの古材を使っていただけることが
当たり前のこととなり本当に嬉しく思います。
大きな古材梁などは200年位かけて育ってきたものもあります。
そしてその後、京町家や古民家にてじっくりと約100年間そのお家の家族を
守ってきたのです。
本当に凄いことだと思います。
そんな材料だからこそ大切に古材として活用してゆくことが使命とさえ思うのです。
古材を古財として活用できるとき。
それはこの仕事で最もやりがいがあり嬉しい瞬間でもあるのです。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です